· 

【白露の過ごし方で変わる❓心と体❗️】二十四節気と東洋医学感❗️自然を学んで自分を知ろう❗️

2021年の白露(はくろ)はいつ❓そもそも白露とは❓白露の過ごし方を知りたい。白露の頃の体調管理はどうするの❓白露の時期の行事も知りたい❗️

 

この記事では、二十四節気の白露について東洋医学的な観点から、みなさまの健康づくりに役立つ情報をまとめてみました。。

目次

🔳1. 白露とは❓
🔳2. 二十四節気と七十二候
🔳3. 白露と東洋医学との関連
🔳4. 白露における心と体の変化
🔳5. 白露の行事
🔳6. まとめ

🔳1. 白露とは❓

白露は毎年9月8日頃です。2021年は9月7日のため、次の節気である秋分(2021年9月23日)の前日までが白露の期間です。

 

白露とは草木に露が結ぶという意味です。夜の間に冷えた大気が露となり草木に宿ることから名付けられました。

 

秋の空は澄み、空も高くなるなど、本格的な冬の到来を感じ始める頃でもあります。日中には涼風が吹き過ごしやすさの中にもまだ暑さが残る日もありますが、朝夕の涼しさには肌寒さを感じ始める頃です。

🔳2. 二十四節気と七十二候

白露は二十四節気の15番目の節気です。また、この日から仲秋となり次の節気、秋分と共に秋の盛りとなります。

 

では、二十四節気を表にまとめてみます。

 

また、白露は七十二候(しちじゅうにこう)により5日ごとに分けられて、自然の巡りや動植物の様子が、さらに細かく表現されるので、そちらもまとめてみます。

 

※七十二候とは二十四節気の各々を5日ずつに分けた期間です。また、自然(季節)の移り変わりや動植物の様子

 を表したものです。古代中国で考案されましたが、日本では明治期に改訂した「略本歴」が主に使われます。

 

参考:Wikipedia フリー百科事典「七十二候」https://ja.wikipedia.org/wiki/七十二候

●表:二十四節気

 

(節月/グレゴリ歴)

(節月/グレゴリ歴)

(節月/グレゴリ歴)

(節月/グレゴリ歴)

立春(1月/2月4-5日) 立夏(4月/5月5-6日)

立秋(7月/8月7-8日)

立冬(10月/11月7-8日)

雨水(1月/2月18-19日)

小満(4月/5月21-22日)

処暑(7月/8月23-24日) 小雪(10月/11月22-23日)

啓蟄(2月/3月5-6日)

芒神(5月/6月5-6日) 白露(8月/9月7-8日) 大雪(11月/12月7-8日)

春分(2月/3月20-21日)

夏至(5月/6月21-22日) 秋分(8月/9月23-24日) 冬至(11月/12月21-22日)

晴明(3月/4月4-5日)

小暑(6月/7月7-8日) 寒露(9月/10月8-9日) 小寒(12月/1月5月-6日)
穀雨(3月/4月20-21日) 大暑(6月/7月22-23日) 霜降 (9月/10月23-24日) 大寒 (12月/1月20-21日)

●表:白露と七十二候

白露
「暦便覧」

  陰気ようやく重なりて露こごりて

     白色となれば也  

涼風には肌寒さもあり、草に宿る朝露は白くなる。  
七十二候

43候 草露白(くさのつゆしろし) 

   意味:草に降りた露が白くなる

44候 鶺鴒鳴(せきれいなく)

   意味:鶺鴒(せきれい)が鳴き始める。

45候 玄鳥去(つばめさる)

    意味:ツバメが南へ去って行く。


🔳3. 白露と東洋医学との関連

白露は二十四節気の15番目です。その前、処暑(8月23日)を経て、この日から仲秋となり、いよいよ秋が深まり始めます。

 

東洋医学的に捉えると、白露は東洋医学の根幹の一つ陰陽論でいう「陰中の陰、陰中の陽」に相当する頃です。

 

自然現象において、寒い季節に寒い日や寒い時間(陰)または暖かい日や暖かい時間(陽)があるように、白露の頃は秋という季節の中でも日毎や日内の寒暖差が目立ちます。

 

特に寒い日(陰)や朝の冷えた時間(陰)などには秋の深まりを肌寒さとして感じ始めます。

 

東洋医学には「自然と人とは一つである(天人合一思想)」の考えもあり、自然界で起こることは人の心身にも起こると捉えます。

 

また、東洋医学には「心と体は一つである(心身一如)という捉え方もあります。自然(季節)が変化すれば心も変化し、その心理状態に呼応する変化が体にも起こります。その逆も同様で相互に影響するのです。

 

したがって、白露の頃には自然界でいう寒暖差や寒(陰)が重なる様な変化が心や体にあることは生理的であり、その変化に気づき適応することが大切となるのです。 

 

 

それでは、これらを踏まえて以下に記す内容をヒントに、自身の健康づくりに生かしてみてください。

🔳4. 白露における心と体の変化

白露の特徴をもう一度振り返ってみます。

 

それは、秋という季節の中でも日毎や日内の寒暖差が目立ち、特に寒い日(陰)や朝の冷えた時間(陰)などには秋の深まりを肌寒さで感じ始める頃、です。

 

したがって、寒暖差や寒の重複など陰的性質が目立ち始め、その変化が心身や日々の生活に影響を及ぼすのです。

 

例えを記してみます。

 

例)先週は予定どおり外出したが、今週は予定していた外出をせずに家で過ごした。

 

このように、白露の頃は予定は立てたが、外出する、しないなど行動にも差が生じてくるのです。ですが、心配しないでください。予定どおりにいかなくても、差が生じるのは白露の頃の特徴なのです。

 

白露の頃は、外出など動的な活動(陽)と家で過ごすなど静的(陰)な活動が日毎、日内で変わるのです。

 

では、この例の場合は、とのようにすれば良いのでしょうか❓

 

そんなときは、家での過ごし方を白露に適応させましょう。

 

 

 例えば、外出せずに家で過ごし(陰)、寒さに備えて(陰)今後の予定を改めて立て直す。という日にします。

 

白露は「陰中の陰」を体感し始める頃なので、家で過ごすという静的(陰)な活動は白露に応じており、寒さ対策に留意して立てる今後の予定は、白露にふさわしい予定となりやすいのです。

 

また、夏の疲れが体の内側(陰)に生じ始めるので、朝夕の寒い(陰)時間帯の体調管理に留意しましょう。。

 

食事では、胃に優しい柔らかい(陰)物は、白露の頃の心と体を癒すので取り入れて過ごすのも良いと思います。

 

いかがでしょうか。

 

予定どおりに日々過ごせない。とか、秋の体調を管理したい。という方、白露を知って適応してみましょう。

 心身の変化は兆し(きざし)として現れます。是非、自身の心と体の声に耳を傾けてみてください。

🔳.5 白露の行事

最後に、白露の主な行事をまとめてみました。

 

白露に適応するように心と体の声に耳を傾ける。そして、白露に開催される行事を楽しみながら過ごしてみるのも良いかと思います。

期間 内容/開催地
 9月7日〜9月22日  ・二十四節気の15番目。三秋(初秋、仲秋、晩秋)の仲秋(白露と秋分)
9日

・重陽の節句:菊の節句、栗の節句とも呼ばれ、菊を飾り栗を食べ無病息災を祈願/全国

 ※中国では九を数の中で一番大きい究極とした。その九が重なる日を祝いの日とします。

  重陽の節句は五節句の一つで、五節句とは以下となります。

  1月7日→人日の節句

  3月3日→桃の(人巳)節句

  5月5日→端午の節句

  7月7日→七夕の節句

  9月9日→重陽の節句

11日〜12日

※2021年中止

・花巻祭り:花巻開町の恩人、北松斎の命日に開催、420年を超える歴史ある祭り/岩手県

18日〜19日

※2021年規模縮小

・岸和田だんじり祭り:五穀豊穣を祈願する稲荷祭に由来、る300年の歴史ある祭り/大阪府
9月29日 ・敬老の日:多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日/全国
9月20日

・彼岸の入り:この期間は真西に太陽が沈むため、西の彼方の彼岸(霊の世)と縁深いる。

 ※秋の彼岸は秋分とその前後3日間の計7日間です。

  2021年の秋の彼岸の入りは9月20日、彼岸の明けは9月26日です。

9月21日

・十五夜:旧暦の8月15日に団子を供えて収穫を祈り月見をする全国

 ※秋は空が澄み、かつ本格的に寒くなる前の満月は月見に最適です。

 ※新暦では、9月の新月を1日目として15日目の満月が十五夜の日となります。

 ※米や芋などの秋の収穫を祈願し、稲に見立てるススキには魔除けの意味もあります。

その他 ・各地域で様々な立春の行事が開催されます。

🔳6. まとめ

🔳1. 白露は二十四節気の15番目、毎年9月8日頃から9月23日頃までの期間で、秋の深まりを寒暖差や肌寒さで

   感じ始める。

 🔳2. 白露は七十二候でさらに5日ごとに分割され、自然の巡りや動植物の様子が表現される。
🔳3. 東洋医学では天と人とは一つ。とあるので、二十四節気や季節の巡る様子は心身にも当てはめて捉える。
🔳4. 白露の頃は動的、静的な活動が日毎、日内で変化し心身に影響する。また柔らかい食べ物は心身を癒す。
🔳5. 白露に開催される行事を楽しむことは、自然と調和した心身づくり、健康づくりになり得る。

次回は9月23日の秋分です。

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。